【電子マネーnanaco(ナナコ)】クレジットカード活用で還元率アップ

2020.03.09 話題のカード

あなたはもうnanacoをお使いですか?もしまだなら、ちょっと損しているかもしれませんよ。
nanacoはお買物に便利なだけでなく、様々な支払いにも活用できるからです。それぞれポイントが貯まるので、きっと家計の節約に一役買ってくれます。
あなたも是非この便利とお得を実感してみませんか?今さら人に聞けないnanacoの活用術を、これから一気にご紹介します。

nanaco(ナナコ)の魅力とnanaco利用がおすすめなタイプ

  • nanacoのタイプは全部で3種類
  • レジでかざせば精算完了
  • クレジットチャージでポイント2重取り
  • 200円につき1ポイント貯まる
  • 税金もnanacoで支払えばポイントが貯まる

nanaco(ナナコ)とは

nanaco説明画像
nanaco(ナナコ)とは、プリペイド式(前払い)の電子マネーのことで、買物で利用するとポイントが貯まるお得な電子マネーのことです。
セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどのセブン&アイグループの店舗をはじめ、約593,100店以上の店舗で利用ができます。
nanacoはとても利用価値の高い電子マネーで、様々な支払いにも使えますので、ポイント獲得のチャンスが多いのが特徴です。

nanaco利用がおすすめなタイプ

nanacoは、以下のようなタイプの方におすすめの電子マネーです。

  • コンビニはセブン-イレブンをよく利用する方
  • イトーヨーカドーでよくショッピングする方
  • セブン銀行に口座を持っている方
nanacoを知らない方はいないと思いますが、フルに使いこなしている方は意外と少ないかもしれません。
特にセブン-イレブン収納代行サービスのnanaco決済は、税金でポイントを稼げる貴重なチャンス!是非ご活用ください。

nanacoの基本がスグわかる!nanacoの入手方法と使い方

電子マネーは便利ですが、使い方が分からないと手が出しにくいもの。そこでnanacoとは一体どんなものなのか、その基本からご説明したいと思います。

nanacoは全部で3タイプ

nanaco3タイプ説明画像
nanacoには実は3タイプあります。見た目は少々異なりますが、機能は全く同じです。

  • nanacoカード
  • nanacoモバイル
  • クレジットカード一体型

支払い方法も同じで、事前にチャージ(入金)しておき、レジでnanacoをリーダーにかざすだけ。サインレスなので大変スマートに決済できます。
入会金や年会費は一切不要ですが、カードタイプだけは発行手数料300円(税込)が必要です。以下、それぞれの入会手順を簡単にご説明しましょう。

nanacoカードは店頭ですぐカードを受け取れる

nanacoカードはプラスティックカードで、以下お好きな場所でカードを受け取ることができますが、カード発行手数料300円(税込)がかかります。

  • セブン-イレブン(レジカウンター)
  • イトーヨーカドー(サービスカウンター)
  • ヨークベニマル(サービスカウンター)
  • ヨークマート(サービスカウンター)
  • デニーズ(レジカウンター)
  • 西武・そごう(食品ギフトサロン・商品券売場)

nanacoモバイルも便利!アプリで即利用スタート

スマホやケータイを使って決済したいならnanacoモバイルがおすすめです。「おサイフケータイ」機能を使うのでiPhoneでは使えませんが、バージョン 2.1以降のAndroidや多くのフューチャーフォンに対応しています。
モバイルnanaco説明画像
お手持ちの機種に対応していれば、アプリをダウンロードして指示通りに手続きするだけでOK!
しかも発行手数料もかかりません。
ただしケータイ機種変更の際にはご注意ください。nanacoモバイルを新しい端末に引き継ぐには、一定のアプリ操作と手続きが必要です。

クレジットカード一体型も便利

後々便利なのがクレジットカード一体型タイプです。クレジットカード一体型のセブンカード・プラスなら、nanaco発行手数料300円(税込)が無料になります。
セブンカード・プラスはクレジットカードにnanaco機能が搭載されたもので、クレジット決済も電子マネー決済もこれ1枚でOKという万能型。
nanacoへのチャージも便利ですし、その度にポイントが貯まるというメリットもあります。ただ本体がクレジットカードなので、申し込んでからカード発行までに通常1週間から2週間程度かかります。
なお、このnanaco搭載型クレジットカード「セブンカード・プラス」については、後ほど改めてご紹介しますね。

レジにかざすだけで精算完了!

さて、次にレジでの決済方法についてです。といってもnanaco決済はとてもカンタンなので、特に説明は必要ありません。
nanaco決済を店員に告げたら後はカードやスマホをリーダーにかざすだけです。ピュリーンという決済音が聞こえたら、これでもう精算は完了。小銭不要で気楽に使えます。

nanacoが利用できる加盟店は多数

ではnanaco決済はどんなお店で可能なのでしょうか。nanacoはセブン-イレブンやイトーヨーカドーのほか、全国のドラッグストア、ファストフード、量販店などでも使えます。以下加盟店の一部をご紹介しましょう。
nanaco利用可能店舗一覧画像

  • セブン-イレブン
  • イトーヨーカドー
  • かっぱ寿司
  • ドミノピザ
  • ミスタードーナツ
  • デニーズ
  • 西武
  • そごう
  • Loft
  • ソフマップ
  • ビックカメラ
  • キリン堂
  • ココカラファイン
  • アリオ
  • マーレ
  • エッソ
  • モービル
  • ゼネラル

加盟店は増加中ですので、店頭やレジのこのマークを目印にしてくださいね。
nanacoマーク画像

200円(税別)で1nanacoポイントが貯まる

またnanacoには利用の度にポイントが貯まるという楽しみもあります。200円(税別)につき1nanacoポイント貯まりますから、還元率は0.5%です。
ですが、今後適用予定のセブンマイルプログラムを活用すれば、還元率を1%まで上げる事が可能です。
セブンマイルプログラムでは、1マイル=1nanacoポイント(50マイル単位)で交換できるようになります。
セブンマイルプログラム
サービスが開始されれば200円(税別)につき1マイル貯まりますから、セブンマイルプログラムのアプリ提示+決済で還元率を1%まで上げることができますよ。

セブン-イレブン等でポイントを電子マネーに交換できる

貯まったnanacoポイントの利用法もご紹介しましょう。nanacoポイントには以下3通りの利用法があり、いずれも1ポイント=1円相当として使えます。

  • 電子マネーnanacoに交換する
  • オムニ7でそのまま使う
  • 募金する

オムニ7(オンラインショッピングサイト)ではポイントのまま使えますが、電子マネーとして使うには先に交換しなくてはなりません。
セブン-イレブンやイトーヨーカード、そごうや西武、ヨークマートなどで交換が可能です。nanacoモバイルをお使いの方は、アプリで交換することも可能です。
また、環境に関する活動を行っているセブン-イレブン記念財団に寄付することも可能です。

nanacoチャージにクレジットカードをおすすめする理由

便利なnanacoですが、使うには事前のチャージ=入金が欠かせません。そしてこのチャージ方法こそが、nanacoをお得に利用できるコツなのです。
さてnanacoにはどんなチャージ方法があるのでしょう?そしてどの方法がお得なのでしょうか?

現金チャージではポイント2重取りはできない

まずは現金でのチャージ方法です。現金チャージは、冒頭でご紹介したセブン-イレブンなど主な加盟店のほか、ビックカメラやエッソなどガソリンスタンドでも可能です。
手順はカンタンで、店員にチャージを申し出た上でチャージ金額を支払い、後はリーダーにカードやスマホをかざすだけ。
またセブン銀行ATMや加盟店に設置のnanacoチャージ機を使うという方法もあるので、お好きな方法で入金してください。なお現金チャージには以下のような制限があります。

【nanaco現金チャージにおける制限】
■チャージ上限額 50,000円
■1回のチャージ可能額 1,000円単位49,000円まで

現金チャージの問題は、チャージでポイントが貯まらないこと、つまりポイント2重取りができないことです。
従って現金チャージで獲得できるのは、nanaco利用時のポイントのみとなります。

クレジットチャージならポイント2重取りができる

クレジットカードでチャージすれば、チャージと利用で2重にポイントが貯まります。
ですから、nanacoへのチャージは、やはり現金よりもクレジットカードの方が得ですね。でもカードの種類によっては、nanacoへのチャージができないものや、チャージできてもポイントが貯まらないケースも。
チャージに使うクレジットカードはなんでもいいという訳ではなく、nanacoと相性の良いものを選ばなくてはなりません。またクレジットチャージにも以下のような制限があります。

【nanacoクレジットチャージにおける制限】
■チャージ上限額 50,000円
■1回のチャージ可能額 5,000円以上1,000円単位 29,000円まで
■利用金額の上限 1ヵ月に20万円
■利用回数の上限 1ヵ月に10回/1日1回

クレジットチャージには事前登録が必要

ではクレジットチャージの具体的方法をご紹介しましょう。クレジットカードでnanacoにチャージするには、事前に登録が必要です。
これはインターネットで行います。nanacoモバイルの場合は、アプリからも登録できますよ。

【nanacoクレジットチャージの事前登録】
①nanaco会員メニューにログイン
②クレジットカード情報を登録

nanacoは残高確認することで使えるようになる

事前登録が済めば、nanacoサイトで希望額のチャージを申込みます。
nanacoモバイルをご利用の方なら、nanacoアプリからチャージをするだけで受け取り処理まで完了しますが、アプリ以外でのチャージでは、「センターお預かり分」となり、まだ入金はされていません。
センターお預かり分
これを加盟店の店頭やセブン銀行ATMで「残高確認」することで、やっと利用可能となります。

【nanacoクレジットチャージ】
①nanacoサイトでクレジットチャージを申し込む
②「センターお預かり分」を店頭で「残高確認」する
nanacoへのチャージは現金ではなく、ポイントが2重取りできるクレジットカードでのチャージがおすすめですよ。
セブン-イレブンやイトーヨーカドーをよく利用する方なら、オートチャージも便利ですよ。

nanacoポイントがお得に貯まって使えるおすすめクレジットカード

それでは、nanacoポイントを効率よく貯めてお得に利用できる、おすすめのクレジットカードをご紹介しましょう。

nanacoを利用する方に一押し!セブンカード・プラス

セブンカード・プラスはnanaco一体型でチャージでもポイントが貯まりますし、nanacoポイントを「貯める」と「使う」の回転が早く、お得を実感しやすいクレジットカードです。
nanacoを利用する方や、これからnanacoを手に入れたいと思っている方は、年会費無料でnanacoを手に入れられるセブンカードプラスがおすすめですよ。
セブンカードプラスは唯一nanacoへのチャージに登録できるクレジットカードで、オートチャージにも対応しています。
※2020年3月12~nanacoチャージ用新規登録可能なクレジットカードはセブンカード発行のカードのみに変更
オートチャージを設定していれば、現金も手間も不要ですし、残高不足で慌てる必要もなく大変便利です。
その他にも対象店舗の累計利用額に応じてボーナスnanacoポイントが貰えるお楽しみもあります。
セブンカードプラスならnanacoチャージで0.5%ポイントを獲得できますし、nanacoが無料搭載されてますから、nanaco発行手数料300円(税込)も不要です。
更にイトーヨーカードで8のつく日が5%OFFになりますから、提示&決済で6%の高還元が実現するお得なクレジットカードです。
セブン&アイグループをお得に利用できるカードですので、これらの店舗をよく利用する方に一押しのクレジットカードですね。

セブンカード・プラス

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目 内容
カード名称 セブンカード・プラス
年会費 無料
追加カード 無料
国際ブランド JCB・Visa
nanacoポイント ・基本還元率0.5%
・nanacoチャージでも0.5%
・セブン&アイグループで1%還元
・対象商品購入でnanacoボーナスポイント
・年間利用額100万円以上で累計ボーナスポイント
特典 ・イトーヨーカドーハッピーデー(毎月8が付く日)5%OFF
・セブン旅デスク優待
・セブン-イレブンとイトーヨーカドーでオートチャージ可能
・最高100万円のショッピングガード保険(海外)

nanacoポイントに高レートで移行できるJCB CARD W/ plus L

JCB CARD W /plus Lは、39歳までの方を対象としたWEB申し込み限定のカードで、年会費無料の高還元カードとして大人気の1枚です。
JCB CARD W が男性向け、JCB CARD W plus Lが女性向けですね。JCB CARD W/plus Lを利用すると、Oki Dokiポイントが貯まります。
セブン-イレブンはJCBオリジナルシリーズのパートナー店なのでポイント3倍、さらにJCB CARD W plus Lなら+1倍となるため、合計4倍ものポイントが貯まります。
貯まったOki Dokiポイントは、1ポイント→5 nanacoポイントで交換することができます。
セブン-イレブンでの還元率は2.0%ですから、nanacoポイントを貯めている方にはおすすめのクレジットカードなのです。
また、旅行保険が付帯する他、優待も大変充実しているカードですから、年会費無料でハイスペックカードを持ちたい方にもおすすめの1枚ですね。

JCB CARD W

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目 内容
カード名称 JCB CARD W plus L
年会費 無料
追加カード ・家族カード:無料
・ETCカード:無料
・プラスEXカード:年会費1,100円(税込)
国際ブランド JCB
Oki Dokiポイント ・基本還元率1.0%(通常の2倍)
・セブン-イレブン、Amazonでの利用で通常の3倍
・スターバックスでの利用で通常の10倍
・Oki Dokiランド経由のネットショッピングで最大20倍
・nanacoポイントへの交換可能(還元率2.0%)
特典 ・JCBプラザ(海外日本語デスク)
・最高100万円のショッピングガード保険(海外)
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)
・たびらば(旅LOVER)
・空港免税店5%OFF
・海外レンタカー最大25%OFF
・GLOBAL WiFi優待
・JCB マジカル(ディズニー特典)
・JCB CARD W plus L限定の女性疾病保険や
「お守リンダ」など選べる保険が充実
・女性向け情報サービス&優待「LINDAリーグ」

セブンカードプラスはオートチャージも設定可能

オートチャージ説明画像
下記のクレジットカードなら、オートチャージも可能です。

  • セブンカード・プラス(一体型・紐付型)/セブンカード・プラス(ゴールド)
  • セブンカード/セブンカード(ゴールド)

そして、オートチャージは下記の範囲で、お好きな金額を設定することができます。

項目 内容
オートチャージを実行する
nanaco残高
1,000円~10,000円 (1,000円単位)、
15,000円、20,000円
オートチャージ金額 5,000円~10,000円 (1,000円単位)、
15,000円、20,000円、25,000円、30,000円

セブンカード・プラス一体型に入会する際にオートチャージ設定を申し込むと、オートチャージを実行する残高1,000円、オートチャージ金額5,000円に設定されています。
この場合、残高が1,000円になるたびに自動で5,000円ずつチャージされるというわけです。ただし、オートチャージができるのは、セブン-イレブンまたはイトーヨーカドーのレジのみです。
これらのお店でnanacoにてお買い物する際にオートチャージを実行する残高を下回った場合のみ、オートチャージが行われます。

セブンカード・プラスはチャージと利用によって、ポイント2重取りが可能です。年会費も無料ですし、nanacoを利用する方には一押しのクレジットカードですね。

nanaco(ナナコ)で税金納付もお得に!賢くポイントを貯める方法

チャージと利用でポイント2重取りができるnanacoは、使えば使うほどお得だということになります。でも加盟店でお買物するにも、やっぱり限度がありますよね。
そこでおすすめしたいのが収納代行サービスの活用です。

nanacoなら収納代行サービスでもチャージ分のポイントが貯まる

コンビニエンスストアは、電話料金やネット通販など様々な代金の決済窓口になっていますよね。実はセブン-イレブンでは、これら収納代行サービスに、現金だけでなくnanacoも使えるのです。
つまりこれまで現金で払っていた料金をnanaco決済に切り替えれば、その分ポイントが獲得できるという訳です。
ただし収納代行サービスでは、通常の買物のようにnanacoポイントが貯まるわけではなく、クレジットチャージした際のポイントのみが獲得できます。
従って収納代行サービスでポイントを獲得するには、nanacoへのクレジットチャージが前提です。現金チャージの場合メリットはありませんのでご注意ください。

nanaco払いのメリットは一様ではない

ではどんな料金が「収納代行+nanaco払い」に向くのでしょう?
以下、様々な代金の支払い方法で得られる「メリット」を調べてみました。この「nanaco」はセブン-イレブン収納代行サービスでnanaco決済する場合を指しています。

代金 現金 金融機関
口座振替
クレジットカード nanaco
電気料金 割引
※電力会社や
プランによる
ポイント還元 ポイント還元
国民健康保険料 ポイント還元
※決済手数料がかかる
ポイント還元
自動車税 ポイント還元
※決済手数料がかかる
ポイント還元

税金のクレジットカード払いが可能な自治体ならカード独自のポイントが貯まりますが、自治体によってはカード決済に対応していない場合もあります。
一方nanaco決済なら、どの支払いでもポイントが貯まることが分かります。以下に、もう少し詳しく調べてみることにしましょう。

利用料金やカード還元率次第

電気料金やガス料金などはあらゆる支払い方法に対応しており、現金払い以外どの方法にもメリットがあります。
例えば電気料金の口座振替割引がある場合、通常月54円固定なので、支払う電気料金が高いほどクレジット決済のメリットが多くなります。
収納代行サービスでnanaco決済してもポイントは獲得できますが、チャージポイントが貯まらないもしくは低いカードなら、クレジット決済の方が得です。

自動車税や国保はnanaco払いがおトク

もしもあなたがお住まいの自治体が、国民健康保険料や自動車税のクレジットカード納付に対応していないなら、nanaco決済もおすすめです。
現金納付や口座振替ではメリットがありませんが、セブン-イレブン収納代行でnanacoを使えば、間接的にカード決済できてポイントが貯まるからです。
またクレジットカード納付に対応している自治体でも、決済手数料が利用者負担なので、nanaco決済した方が満額ポイントを獲得できます。
自動車税をnanacoで支払う方法をご紹介した記事もございますので、本記事と合わせて是非ご覧くださいね。
また国民年金保険料納付にもnanacoやクレジットカードが使えますが、こちらは前納(一括払い)が割安なので、まとめ払いにはnanacoよりもクレジット納付が楽です。

nanacoは1人で複数枚持つことも可能

ここで納付額が高額になる場合の対処法をお教えしましょう。というのも、nanacoにはチャージ金額や利用額の上限が決まっているからです。
固定資産税や自動車税は、分割でも一括でも納付額は変わりませんから、もしも一度で支払い切れない場合は、例えば半年分、あるいは3ヶ月納付や毎月納付といったように、何度かに分けて納付してください。
しかし、国民健康保険料は一括納付の方が割安なので、nanaco払いも一度に済ます方がお得です。nanacoカードは1人で2枚以上持つことができるので、たとえば上限の5万円までチャージしたnanacoが5枚あるとすれば、25万円までを一度に支払えます。
でもnanacoカードは発行手数料300円(税込)がかかるので、複数枚持つにはコストが大きくなってしまうことに。ポイント還元で節約しようという時に、この初期投資はちょっと痛いかも。
でもこれにもちゃんと解決法がありますよ。


上記の記事でnanacoカードを無料発行する方法をご紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。

セブン-イレブンの収納代行にはnanacoが使えるんですね。税金納付でもポイントが貯まるなんて得した気分です。
でも納付手順は難しくないんですか?
納付書をセブン-イレブンのレジに持参して、nanaco決済を申し出るだけなので至って簡単ですよ。
ただnanacoのチャージや利用には上限がありますから、納付金額が多い場合は、その範囲内に収まるよう工夫しましょう。

nanacoなら毎日のお買物や税金の支払いもお得になります

nanacoはセブン-イレブンやイトーヨーカドーなど日々のお買物だけでなく、税金や保険料の納付にも使えるスグレモノ。
nanacoを利用するなら、是非nanacoチャージでポイントが獲得できるクレジットカードを活用して、お得に利用してくださいね。
賢くチャージすればしっかりポイントが貯まります。是非nanacoを使いこなして、家計の節約にお役立てくださいね。
合わせて読みたい関連記事