SMBCモビットの審査基準や審査時間など審査について徹底解説

2020.09.29 お得なカード

SMBCモビットで借入をしたい場合、審査が甘いのか厳しいのか、審査時間はどれくらいかかるのか、審査が不安な方も多いのではないでしょうか。どのような状態であれば審査に通るのか、審査基準を気にする声もよく聞かれます。

そこで今回は、SMBCモビットの審査難易度や審査基準、審査時間など、審査に関して詳しく解説します。ぜひ申し込み前にチェックして、不安の解消に役立ててみてください。

SMBCモビットの審査の流れと内容を詳しく紹介

SMBCモビットの審査がどのように行われるのか、審査の流れや内容を紹介します。申し込み前にチェックしてみてください。

SMBCモビットの審査の流れを確認

SMBCモビットは以下の方法で申し込みができます。

  • インターネット
  • 三井住友銀行内ローン契約機
  • 電話
  • 郵送

どの方法を選んだ場合も、審査の内容は同じです。申し込みを済ませたら、以下のように審査が行われます。ただし、郵送で申し込んだ場合は10秒簡易審査はできません。

1、申込内容を見ながら10秒簡易審査が行われ審査の結果が出る
2、本審査に必要な追加の情報の確認や書類の提出が求められる
3、在籍確認のため職場にも連絡が行く
4、本審査の結果が出る

それぞれの段階について、詳しく見ていきましょう。

SMBCモビットには10秒簡易審査と本審査がある

SMBCモビットには、10秒簡易審査と本審査があります。インターネットで申し込んだ場合を例に見てみると、まずは10秒簡易審査に必要な少ない項目を入力してもらい、融資ができそうか判断してから結果を出す形式です。

10秒仮審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。

10秒簡易審査の際に入力が求められるのは、以下の項目です。

情報の種類 項目
名前など 名前・性別・生年月日
連絡先 メールアドレス・携帯電話の有無・あれば携帯電話の番号と名義・自宅郵便番号・自宅電話の有無・あれば自宅電話の番号
希望など 税込年収・契約希望額・利用目的・最終学歴・国籍・パスワード

SMBCモビットでは事業性の資金やギャンブル目的の借入はできないため、借入目的に注意しながら必要事項を入力しましょう。

10秒簡易審査で借入の可能性があるとわかったら、本審査へと進みます。本審査でチェックされるのは以下の点です。

  • 本審査に必要な詳細の情報
  • 提出された必要書類の内容
  • 在籍確認による勤め先の確認

本審査に必要な詳細の情報とは、勤務先の名称や勤務形態などのより詳細な情報です。

本審査では、以下の必要書類のチェックも行われます。

書類の種類 詳細
本人確認書類 運転免許証
健康保険証
パスポート
マイナンバーカード
住民基本台帳カード
外国人登録証明書
在留カード
特別永住者証明書
収入証明書類 源泉徴収票
税額通知書
所得証明書
確定申告書
給与明細書(直近の明細2か月分とあれば賞与明細書)

個人事業主が借入をする場合は「営業状況確認のお願い」という書類の提出が必要な場合もあります。

収入証明書類は、法律によると以下の際に提出が必須です。

  • SMBCモビットで50万円を超える借入を申し込む場合
  • 他社での借入とSMBCモビットでの今回の借入額を合わせて100万円を超える場合

法律で必須とされる場合だけではなく、SMBCモビットの判断で提出が求められる場合もあるため、提出できるように用意しておきましょう。

本人確認書類は、なりすましなどの犯罪を防ぎ、借入をする人をはっきりさせる書類です。収入証明書類は、返済ができるだけの収入があることを裏付けるために提出が求められます。

書類に不備があったり提出できなかったりすると審査に落ちる原因になる可能性もあるので、事前に準備しておきましょう。

合わせて、申し込みの際に申告した職場に嘘や間違いがないかを確認する在籍確認を目的として、職場への電話連絡も行われます。

本審査で行われる在籍確認の内容を詳しくチェック

本審査では、追加で聞き取った情報を元に在籍確認を目的とした職場への電話連絡も行われます。書類を元に審査をして融資が可能だと思われても、以下のような場合には収入を得ていないため返済ができません。

  • 退職した職場を記載している
  • 休職中なのに勤めていると書いている
  • 架空の職場を記載している

お金を借りたいために嘘を言うケースもまれに見られるので、嘘や間違いがないかを電話で確認して、収入がある裏付けが取れたら本審査に通すという流れで審査を行っています。

しかし、状況や職場の環境によっては電話連絡をされると困ると考える人もいるのではないでしょうか。SMBCモビット公式サイトのよくある質問の部分を見ると、電話での確認が難しい場合は必要書類の提出による代替確認もできると案内があります。

職場が休みの日に申し込んだ場合や、勤務先がプライバシー保護の観点から情報を漏らさないルールになっているなど、事情がある場合は申し込みを済ませたらすぐに連絡して相談してみましょう。

SMBCモビットには「WEB完結申込」という申し込み方法もあり、一定の条件を満たしている人が利用できます。「WEB完結申込」なら審査上必要と判断されない限り電話連絡も郵送物もないため、職場への電話が避けたい方は「WEB完結申込」も検討しましょう。

モビットの在籍確認については「モビット在籍確認」の記事で流れや実施方法など詳しく紹介しています。

10秒簡易審査には通って本審査で落ちたという口コミも

10秒簡易審査に通ったら本審査も大丈夫なのか気になる人もいるかと思いますが、SMBCモビットに申し込んだ人の口コミを見てみると、以下のように本審査で落ちたという口コミがいくつかありました。

  • 事前審査に通ったから申し込んだのに追加情報を入力したら否決になった
  • 必要書類も提出したのに否決された
  • 収入証明の提出も在籍確認もしたのに見送りになった

10秒簡易審査は少ない情報で結果を出す事前審査なので、より多くの情報を元に審査をしたら結果が違う可能性もあります。10秒簡易審査に通ったからといって必ず借りられるわけではない点を知って、申し込みをしましょう。

SMBCモビットの評判については、「モビット評判」の記事でさまざまな観点からの口コミを集めて紹介しています。

SMBCモビットで一度審査に落ちると再申し込みが難しい可能性も

SMBCモビットの口コミを確認していると、以下のような意見が見られました。

  • 1年前に落ちて先月申し込もうとしたら以前申し込みがあるからと申し込めなかった
  • 7年前に落ちて再申し込みを考えたが以前申し込んでいるので不可と案内された
  • 1年前に落ちてインターネットで申し込めなかったので電話したが否決だった

SMBCモビットでは、一度審査に落ちると再申し込みが難しい可能性があります。

最短であれば30分の場合もあるSMBCモビットの審査時間

急いで借入をしたい場合には、SMBCモビットの審査時間はどのくらいかかるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

SMBCモビットの審査時間は、最短であれば30分と公式サイトで案内されています。どのような場合に30分で結果が聞けるのか、実際借入までにどれくらいの時間がかかっているのか、審査時間について詳しく確認しましょう。

平日なら最短30分で審査結果が聞ける可能性も

SMBCモビットで最短30分で審査結果が聞ける可能性があるのは、以下の条件を満たしている場合です。

  • 祝日を除く月曜日から金曜日までに申し込む
  • 19時までに申し込む

平日の19時までに申し込めば最短30分で審査結果が出る場合もありますが、審査の進み具合によってはさらに時間がかかる可能性もあります。当日中に借りたい場合は、できるだけ早い時間に申し込みましょう。

土日祝日の審査時間は30分では終わらないと考えて申し込もう

SMBCモビットでは土日祝日に申し込みをしても審査を行っており、当日中の借入も不可能ではありません。しかし、土日祝日は申し込みが集中しやすいので、通常よりも審査に時間がかかります。

最短30分で審査結果が聞ける可能性があるのは、平日のみです。土日祝日に申し込んで借入をしたい場合は、できる限り早い時間に申し込むのが当日中に借りるコツです。

実際にはどれくらいの時間で借りられたのか口コミをチェック

実際には審査にどれくらいの時間がかかったのか、口コミを元に確認しましょう。

  • 30分程度で結果が出た
  • 1時間も待っていない
  • 1時間で借りられた
  • 16時頃申し込んで18時には借りられた
  • 数時間かかった
  • 申し込んだ日のうちにわかった
  • 即日借りられた
  • 1日程度かかった
  • 次の日までかかった
  • 1日かかった
  • 2日半かかった

審査結果が出るのが早かった人は、最短時間である30分程度で結果がわかっています。「1時間程度」「数時間」「申し込んだ日のうち」など、短時間で結果が出ている例が多く見られます。

中には次の日までかかった例や、2日半かかったという口コミもありました。本審査の結果を出すには職場への電話連絡が必要なので、たとえば職場が休みで連絡が取れなかった場合などには審査が長引く可能性も考えられます。

職場が休みの日に申し込む場合は、書類で代替確認ができないか相談してみましょう。

審査結果がなかなか来ない時の審査状況の確認方法

審査結果がなかなか来ないと心配な場合には、審査状況の確認もできます。気になる場合はSMBCモビット公式サイトの「審査結果照会」から確認しましょう。

審査結果の確認には、以下の情報が必要です。

  • ユーザーID
  • パスワード

ユーザーIDは申し込みの最後に発行されます。

審査結果照会の画面に、申し込んでから2日~3日経過しても審査結果連絡がない場合はSMBCモビットコールセンターに問い合わせるようにと案内があります。審査結果が出るのが遅い場合は、問い合わせましょう。

SMBCモビットの審査で見られるポイントを確認しよう

SMBCモビットの審査では、どのような点が見られるのでしょうか。詳しく紹介するので、事前に確認して不安を解消しておきましょう。

申し込みの際に求められる条件をチェック

SMBCモビットの申し込み条件は、以下の通りです。

  • 年齢が20歳以上69歳以下
  • 安定した定期収入がある
  • SMBCモビットの基準を満たす

申し込み条件は最低限満たしていなければいけない条件なので、主にSMBCモビットでは年齢と収入に関する条件が重点的に見られていると言えます。

年齢に関しては、この範囲にあてはまっていなければ借入ができません。未成年や高齢の人は借りられないため、注意しましょう。

安定した定期収入に関しては、仕事をしていて毎月同じくらいの収入を得ていれば、審査に通る可能性があります。勤務形態による制限はなく、以下のような人でも借入が可能です。

  • アルバイト
  • 派遣社員
  • パート
  • 自営業

ただしフリーターで申し込み時点でアルバイトをしていない場合や、登録はしているけれど派遣先が決まっていない派遣社員などは、収入を得ているとはみなされません。収入を得ていても、状況によっては安定収入とはみなされない場合もあります。

SMBCモビットの基準を満たすという条件に関しては、基準が公開されていないため具体的には言えません。SMBCモビットに限らず、どの消費者金融も審査基準を公開していませんが、見られるポイントには共通点があります。

審査の際に重点的に確認されるポイントについて、詳しく見ていきましょう。

審査の際に重点的に確認されているのは返済能力

審査の際には、返済能力を重点的に確認しています。安定した定期収入があることが申し込み条件として挙げられているのも、収入がないと返済ができないからです。

審査の際にはさまざまな項目が確認されますが、中でも以下の項目は特に大きく審査結果に影響を与えます。

  • 仕事の状況
  • 連絡のつきやすさ
  • 他社からの借入状況
  • クレジットカードやローンの利用状況

それぞれについて詳細を紹介します。

仕事の状況は安定した定期収入を得ている確認のために重要な項目

安定した定期収入を得ていると判断してもらうには、仕事に就いていて毎月同じくらいの金額の収入を得ている必要があります。収入は得ていても、以下のような場合は収入が安定していないと判断される可能性があるため、注意しましょう。
  • 仕事を始めて間もない
  • 毎月得ている金額は同じくらいでも単発の仕事を繰り返している

仕事を始めたばかりだと、今後辞める可能性もあると考えられます。仕事を始めたばかりの人など勤続年数が少ない人は、審査に通らない可能性もあります。

安定した定期収入とは、毎月同じくらいの金額を継続して得ている状態を言いますが、同じくらいの金額を得ていても収入源によっては安定収入とみなされないケースもあるため注意が必要です。

正社員・派遣社員・パート・アルバイトなど毎月勤務先から給与を受け取っている人や、自営業で毎月決まって収入を得ている人は、安定しているとみなされやすい状態だと言えます。

しかし、毎月受け取っている金額は同じくらいでも、単発のアルバイトや単発の業務委託を繰り返して収入を得ている場合、仕事の契約が結べなければ収入が0になる可能性も考えられます。

単発の仕事を繰り返している場合は収入が安定しているとみなされないケースもあるため、注意しましょう。

連絡がつきにくい状態だと借入は難しい

たとえば直接連絡がつけられる電話番号がない、住所が不定など、連絡が付きにくい状態だと借入は難しくなります。

SMBCモビットとしては、審査の際や万が一返済が滞った際など利用者に連絡をしなければいけない場面があるため、連絡がつきにくいと不安があると思われて融資が受けられません。

他社からの借入額や借入件数が多いと審査に通りにくい

SMBCモビットは消費者金融なので、貸金業法という法律に従って融資を行っています。貸金業法には、利用者を借り過ぎから守る目的で総量規制というルールが定められています。総量規制に従うと、利用者の年収の3分の1を超える融資ができません。

貸金業法は貸金業者が守るべき法律なので、貸金業者以外からの借入は関係せず、銀行カードローンなどは金額から除かれます。関係があるのは、以下の借入です。

  • 他の消費者金融や信販会社などの貸金業者からの借入
  • クレジットカードのキャッシング機能での借入

すでに他社で借入金額が多い場合は、総量規制の範囲を超える可能性があるため審査に通りません。

借入額が少なくても、借入件数が多いと審査に通らないケースも見られます。複数の借入があってさらに借入をしようとしている人は、かなりお金に困っていると考えられます。

お金に困っている状態で返済をするのは難しいと判断されるため、審査に通りにくくなるのです。

申込者のお金の借入状況は、個人信用情報機関と呼ばれるところに情報として保管されています。申し込みを受けたら情報の照会をして、借入状況に問題がないかをチェックしてから審査の可否を決めるルールです。

クレジットカードやローンの利用状況も審査に大きな影響あり

クレジットカードやローンの利用状況も、審査に大きな影響を与えます。借入金額については貸金業者からのものだけを計算しますが、クレジットカードやローンの利用状況についてはクレジットカードのショッピング機能も銀行カードローンも含まれます。

他にも、信販会社を通して分割払いで支払っている商品の代金なども関係するため、ローンを組んでない人も注意しましょう。

現在滞納しているお金だけではなく、過去に債務整理の経験がある場合も審査に通らない可能性があります。債務整理をした記録は自己破産を除いて5年間残るため、その期間は借りられません。債務整理の記録も個人信用情報機関に登録されます。

個人信用情報機関は3つありますが、自己破産はどの個人信用情報機関に情報が登録されているかによって情報が残る期間が異なり、5年間または10年間借入ができません。

SMBCモビットの審査に通りやすくなるコツをチェックしよう

SMBCモビットの審査に通りやすくなるコツを知っていれば、審査に通過する可能性を高められる可能性があります。どのようなことに注意すればいいのか、確認しましょう。

年収に対してできるだけ低い割合になるよう希望額を決める

年収に対してできるだけ低い割合になるように借入希望額を決めると、審査に通りやすくなる可能性があります。年収が100万円の人が年収の1割の10万円を借りる場合と、年収の3割の30万円を借りる場合では、返済の難しさが違うからです。

同じ30万円を借りる場合でも、年収が100万円の人が30万円借りるのと、年収が500万円の人が年収の30万円借りる場合では、返済の負担が大きく異なるのがわかります。

返済が難しいと思われれば審査には通過できないため、返済できる余裕があると思われた方が審査に通りやすくなります。

単純に金額が低ければいいのではなく、年収に対して低い割合になるよう、本当に必要な金額のみ申請しましょう。

勤め先の確認がきちんとできるよう用意しておこう

SMBCモビットでは、勤め先の確認を目的として審査の途中に会社に電話連絡が入ります。電話がつながらないと働いている裏付けが取れないため、審査に通りません。

先程も確認しましたが、SMBCモビットでは電話に出られない場合に別の方法も利用できるので、勤め先の確認が問題なく終わるように以下のような準備をしておきましょう。

  • インターネットで申し込んで会社にいる時間に電話連絡が来るようにする
  • WEB完結申込を利用する
  • 書類で代替確認できないか相談する

自分が職場に居る時間に電話をかけてもらうには、インターネットで申し込む方法がおすすめです。申し込んだ後職場に居られれば、いつ電話がかかってきても困りません。

SMBCモビットで「WEB完結申込」を選ぶと、審査上必要と判断されない限り電話連絡はありません。SMBCモビットの大きなメリットなので、条件を満たしている人はぜひ「WEB完結申込」による申し込みを検討しましょう。

SMBCモビットは書類による代替確認にも応じてくれるので、早めに相談する方法もあります。

SMBCモビットに申し込む予定があるなら他社には申し込まない

SMBCモビットに申し込む予定がある人は、審査が不安だからとSMBCモビットへの申し込みよりも先に他の貸金業者に申し込まないようにしましょう。

個人信用情報機関に保管されている情報を照会すると、他に申し込んでいる貸金業者があるか確認できます。あちこちに申し込んでいるとお金に困っていると判断されるため、返済が難しいと考えられて審査に通りません。

ほぼリアルタイムで情報が更新されるため、他社に申し込んだ直後から申し込みの事実が確認できます。半年間は記録が消えないため、複数の申し込みをするのではなくSMBCモビットの審査結果を待って、落ちた場合に次を考えましょう。

ミスが多いと正確な審査ができないので正しい情報を伝えよう

審査は書類を見ながら行われるので、記入ミスが多いと正確な審査ができません。審査ができたとしても、確認のために時間がかかり、スムーズな借入ができない可能性もあります。

申し込みの際には、正しい情報を伝えるようにしましょう。

必要書類が提出できない場合も審査に通らないので、書類のチェックも重要です。

SMBCモビットの審査は甘い?厳しい?口コミを元にチェック

SMBCモビットの審査は甘いのか、それとも厳しいのか、口コミを元にチェックしましょう。

SMBCモビットの審査は甘いという意見も多く見られる

口コミをチェックすると、以下のようにSMBCモビットの審査は甘いという意見も多く見られました。

  • 借りるのは難しくないと思った
  • 審査が甘いと思った

実際のところ、SMBCモビットの審査が甘いわけではありませんが、審査基準を満たしている人は甘いと感じている可能性があります。

SMBCモビットの審査は厳しく感じられたという人も

口コミを見ると、SMBCモビットの審査は厳しく感じられたという人もいました。

  • 安定収入もあり借入もないのに審査に通らず厳しいと思った
  • 勤続3年で年収が400万円台でも審査に落ちた
  • 断られる要素がないと思っていたが審査に落ちた

審査に通らなかった人は、厳しいと感じている傾向が見られました。

SMBCモビットの審査基準を満たしていれば審査に通る

口コミを見ると、SMBCモビットの審査は甘いという意見と厳しいという意見とに分かれています。実際のところ、カードローンには審査が甘いところはありません。それぞれの業者が定めた基準で、厳正に審査を行っています。

ただし、業者によって審査基準が異なるので、同じ人が別の業者で審査を受けると審査結果が異なる場合もあります。

口コミを見てみても、以下のように他の業者で審査に落ちた人がSMBCモビットの審査に通ったり、逆にSMBCモビットで審査に落ちた人が他の業者で審査に通ったりするケースがありました。

  • 銀行系と消費者金融1社ずつ落ちた後SMBCモビットで審査に通った
  • 他社の審査に通らず困っていたけれど借りられた
  • SMBCモビットの審査は落ちたけれど他の業者では通った
  • SMBCモビットの審査に落ちた後銀行カードローンで借りられた

SMBCモビットの審査基準を満たしていれば審査に通るので、審査に通った人には甘いと感じられ、そうではない人は厳しいと感じています。審査が甘いか厳しいかではなく、審査基準に合っているかどうかが重要です。

Tカードプラスに申し込みたい場合は審査を2回受ける必要あり

SMBCモビットでは、Tカードプラス(SMBCモビット next)という以下の3つの機能が1つになったカードも発行されています。

  • SMBCモビットカードローン
  • クレジットカード
  • Tカード

Tカードプラス(SMBCモビット next)の審査の流れも見てみましょう。

Tカードプラスを作成する際には審査が2回行われる

Tカードプラス(SMBCモビット next)の審査は、以下の流れで行われます。

1、まずはSMBCモビットカードに申し込んで審査を受ける
2、入会手続きが完了したら「Myモビ」にアクセスする
3、Tカードプラス(SMBCモビット next)申込ページへ進む
4、クレジットカードの審査を受ける

まずはSMBCモビットカードの審査を受けて、審査に通ったら次にクレジットカードの審査を受ける流れです。

クレジットカードの審査は三井住友カード株式会社が実施

クレジットカードの審査は、三井住友カード株式会社が行います。審査結果によってはクレジット機能がつけられず、SMBCモビットカードのみになる可能性もあるため注意しましょう。

すでにSMBCモビットカード発行の際に行われた、本人確認手続きや個人信用情報機関への情報の照会が、再度行われるケースもあります。

SMBCモビットに申し込むなら事前の準備をしっかりと

SMBCモビットの審査では、主に返済能力があるかどうかを確認されます。収入を得ていなければ借りたお金を返済できないため、安定した定期収入を得ているかが重要なポイントです。

合わせて他社からの借入やクレジットカード・ローンの利用状況などもチェックし、総合的に判断して審査結果を出しています。SMBCモビットの審査は甘くはありませんが、基準を満たしていれば問題なく通過可能です。

審査時間は、平日に申し込めば最短30分で結果が聞ける可能性もあります。

申し込みの際に不備があったり職場への電話連絡がつながらなかったりすると審査に落ちる可能性が高いので、正確な情報を記入する・必要書類をきちんと用意する・勤務先の確認がスムーズに進むようにするなど、事前の準備が大切です。

しっかり準備をしたうえで、SMBCモビットに申し込みましょう。

合わせて読みたい関連記事