三井住友カードは高ステータスでリーズナブル!還元率も高くおすすめ

ステイタスの高いカードは年会費が気になりますよね。でも、三井住友カードは意外に低価格なんです。
三井住友カードといえばハイステイタスなイメージですが、実は意外とリーズナブルなクレジットカードなんですよ。

今回は、この三井住友カードのお得な使い方や、付帯サービスの活用術を解説していきます。

三井住友カードの実質的なメリットと魅力

  • 低価格でステイタスカードが持てる
  • マクドナルドやファミリーマートでポイント5倍
  • ポイントUPモールなら最大ポイント20倍
  • 「ココイコ!」で街中のお店もポイントUP
  • 3種類の電子マネーに対応
  • 最短5分でカード番号が発行可能

三井住友カードは、年会費が免除になるほか、オンラインでも街中のお店でも効率よくポイントが貯まります。

三井住友カードは条件を満たせば年会費無料!デザインも一新

三井住友VISAクラシックカードは、2020年2月3日より「三井住友カード」に名称が変わり、それに伴ってデザインも一新されました。

最短5分で即時発行!お急ぎの方におすすめ!カードも最短翌営業日発行

三井住友カードは発行スピードが早い点も魅力で、最短翌営業日発行が可能ですよ。

しかも、2020年3月2日より、最短5分でカード番号が発行可能となっています。その手順は下記の通りです。

カード発行スピード説明画像

① 三井住友カード公式サイトの専用ページから申し込む
② 審査(5分~10分)
③ 電話認証
④ 認証完了
⑤ 会員ページVpassに登録
⑥ Vpassにてカード番号を表示
⑦ プラスチックカードは翌日発行
⑧ 自宅にカードが到着

申し込みをしたらすぐカード番号が入手できるので、オンラインショッピングならその番号を入力すればカード決済が可能です。
また、Apple PayやGoogle Payに番号を登録すれば、街中のお店でもすぐカード決済ができますよ。

最短5分で番号を発行するためには、午前9時から午後7時半の間に申し込む必要があります。

※即発申込に関しては19:31~8:59は時間外の為、申込不可

マイ・ペイすリボで年会費無料

三井住友カードの年会費は初年度無料、次年度以降1,375円(税込)です。
しかし、三井住友カードなら、以下の条件をクリアすれば2年目以降も年会費が無料になりますよ。

三井住友カードの年会費免除条件

  • ①「マイ・ペイすリボ」を登録すること
  • ②前年度中に1回以上リボ手数料を支払うこと(2021年2月分の支払いから適用)

「マイ・ペイすリボ」とは月の支払い設定金額を超えた金額分のみリボ払いとなるサービスで、月の支払い設定額を高めに設定しておけば、実質1回払いとなりリボ手数料も発生しません。

三井住友カード

公式サイトはコチラ

三井住友カードはネットでも街中でも高還元

ここからは、三井住友カードのポイントサービスや便利な電子マネーについて見ていきましょう。三井住友カードではVポイントというポイントが貯まり、その基本還元率は0.5%と標準的です。

ところが、三井住友カードには、還元率がアップする様々なサービスが多数用意されているのです。

コンビニやマクドナルドでポイント5倍(還元率2.5%)

キャッシュレス決済説明画像

三井住友カードは、以下の店舗でいつでもポイントが5倍(還元率2.5%)になります。

電子マネーiDでの利用や、Apple Pay(アップルペイ)、家族カードでの利用もポイント5倍の対象となりますよ。

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合あり
※一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗あり

「ココイコ!」で実店舗でもキャッシュバックやポイントアップ

三井住友カードの大きな特徴は、「ココイコ!」を使って街中のお店でも同様にポイントアップが可能なところです。
ココイコ説明画像
「ココイコ!」とは、事前にエントリーしてから街の対象店舗でカードを利用すると、ポイントが上乗せされたりキャッシュバックを受けられたりする、お得なサービスのことです。

キャッシュバックまたはポイントから、お好きなどちらかを選択できます。ココイコ!の特典例には、以下のようなものがあります。
ココイコ還元率

  • 高島屋:ポイント3倍
  • 大丸:ポイント3倍
  • 近鉄百貨店:ポイント3倍
  • 東急百貨店:ポイント3倍
  • ビックカメラ:ポイント2倍

ココイコ!の利用手順

  • 1.ココイコ!のサイトで行きたいお店にエントリー
  • 2.ポイント獲得かキャッシュバックかのいずれかを選択
  • 3.有効期限内にお店で買い物
  • 4.特典ゲット

ココイコ使い方の手順説明画像
エントリーは何度でもOKで、実際にお店へ行くかどうかは後で決めても構いませんし、買い物直前にスマホでエントリーしてもOKです。

対象店の中から3つ選べばいつでもポイント2倍

選んだ3つの店舗でポイント2倍説明画像
対象店舗から最大3つを選んで登録しておけば、そのお店でカード決済をするといつでもポイントが2倍になるサービスも利用できます。対象店舗の一部をご紹介します。

  • すき家
  • ドトール
  • マツモトキヨシ
  • セイコーマート
  • モスバーガー
  • デイリーヤマザキ
  • モリバコーヒー
  • 西友 等
三井住友カード

公式サイトはコチラ

よく行くお店を登録しておけば、日常生活の中でどんどんポイントを貯めていくことができますよ。

ポイントUPモールを経由でポイント最大20倍

オンラインショッピングをするときにポイントUPモールを使うと、通常の2倍から20倍もポイント倍率がアップします。

アマゾンや楽天などいつものオンラインモールが、ポイントUPモールを経由するだけでどんどんお得になりますよ。ポイントUPモールに掲載されているオンラインショップの一部を、ポイント倍率とともにご紹介します。

オンラインショップ ポイント倍率
・Amazon
・Yahoo!ショッピング
・楽天市場
・Apple公式サイト 等
2倍
・伊勢丹オンラインストア
・ドクターシーラボ
・一休.comレストラン
・イトーヨーカドーネットスーパー 等
3倍
・エレコムダイレクトショップ
・楽天GORA
・ミズノショップ 等
6倍
・キールズ公式オンラインショップ
・レノボ・ショッピング
・THE BODY SHOP 等
11倍
・キングソフトオンラインショップ
・トレンドマイクロ・オンラインショップ
・ノートンストア
・マカフィーストア 等
20倍

これ以外にもまだまだ多くのショップが軒を連ねています。
ポイントチェッカー説明画像
ポイントUPモールのサイトでは、うっかり経由忘れのないように便利な「ポイントUPチェッカー」を配布中。是非こちらもご活用してみてくださいね。

三井住友カードのポイントプログラムはワールドプレゼントからVポイントへ

2020年6月1日より三井住友カードのポイントプログラムがワールドプレゼントからVポイントに変更しました。
Vポイントは、200円(税込)利用につき1ポイント貯まって、1ポイント1円相当の価値があります。そんなVポイントの有効期限は2年間です。

ポイント付与対象外に注意

ワールドプレゼントポイントは、下記利用分がポイント付与対象外となりますので注意してくださいね。

Vポイントの交換先

貯まったワールドプレゼントは、以下に交換できます。

  • キャッシュバック
  • 商品券や景品
  • 他社ポイント
  • マイレージ
  • 三井住友VISAプリペイド(カード発行型)

キャッシュバック

キャッシュバックは、カード利用金額に充当、もしくは「iDバリュー」と呼ばれるiD利用分に充当できますよ。

  • カード利用額に充当:5ポイント=3円
  • iD利用分に充当:1ポイント=1円

iD利用分でキャッシュバック(iDバリュー)した方が、高還元率となります。キャッシュバックを選ぶならiDバリューをぜひ選択してくださいね。

他社ポイント

さらに、Vポイントは多種多様な他社ポイントへの移行も可能です。移行できる他社ポイントはとても多いので、一部を厳選してご紹介します。

ポイント名 還元率 移行単位
三井住友カードWAON 0.5% 500Vポイント→500WAON
nanaco 0.4% 500Vポイント→400nanacoポイント
楽天Edy 0.4% 500Vポイント→400Edy
スターバックスカード 0.4% 500Vポイント→400
ベルメゾン 0.5% 500Vポイント→500ベルメゾン
dポイント 0.5% 500Vポイント→500dポイント
Tポイント 0.4% 500Vポイント→400Tポイント
Pontaポイント 0.5% 500Vポイント→500Pontaポイント

対応する電子マネーは全部で3種類

ここからは、三井住友カードが対応する電子マネーを見ていきましょう。街中のお店で少額決済をする際などは、特に電子マネーの利用が便利です。三井住友カードは多くの電子マネーに対応しており、以下の3種類の申込みが可能ですよ。

PiTaPa

PiTaPaカード画像

  • 費用:1,100円(税込) →年1度の利用で無料
  • 形態:専用カード
  • チャージ不要
  • 電車やバスでも使える
  • タッチするだけで簡単

WAON

WAONカード画像

  • 費用:発行手数料330円(税込)
  • 形態:専用カード
  • 毎月20日・30日はイオンで5%OFF
  • イオングループのお店ならいつでもWAONポイント2倍(還元率1%)

iD

iDカード、おサイフケータイ画像

  • 費用:無料
  • 形態:専用カード型、携帯型、クレジットカード一体型
  • 後払い式でチャージ不要
  • iD利用分もポイントが貯まる
三井住友カード

公式サイトはコチラ

電子マネーは端末にかざすだけで決済ができて便利ですし、クレジット決済よりもスピーディですから、日々の支払いに活躍してくれることでしょう。

三井住友カードで利用できる様々な特典や保険の内容をご紹介

三井住友カードには、ポイントサービス以外にも様々な優待や付帯特典があります。ここからは、三井住友クラシックカードにどのような特典があるのかをご紹介していきましょう。

VJトラベルデスクで旅行海外パッケージツアー5%OFF

VJトラベルデスクを通して国内・海外パッケージツアーに申し込むと、最大5%OFFとなります。
同伴者も一緒にツアー代金が3~5%OFFとお得に利用できます。利用できる旅行会社と割引率を見てみましょう。

海外ツアー5%OFF

  • クラブメッド(ClubMed)
  • ANAセールス
  • 日本旅行(MACH)
  • プレイガイドツアー

海外ツアー3%OFF

  • 日本旅行(Best)
  • JALパック
  • プレイガイドツアーくるり

国内ツアー5%OFF

  • 日本旅行 (赤い風船)
  • クラブメッド(ClubMed)
  • ANAセールス
  • JALパック
  • この他にも、VJトラベルデスクから利用できる旅行会社は多数あります。旅行の計画を立てる際は、ぜひのぞいてみてくださいね。

    三井住友カードはApple PayやGoogle Payも利用可能

    三井住友カードは、iPhoneやアップルウォッチなどで簡単に決済ができるApple Pay(アップルペイ)が利用できて便利です。

    また、Android端末をお持ちの方は、Google Pay(グーグルペイ)が利用できます。

    アップルペイ

    Apple PayやGoogle Payを利用する際、支払いには電子マネー「iD」が割り当てされます。三井住友カードを各キャッシュレスサービスに登録すれば、電子マネー「iD」が利用できる店舗で支払いができますよ。

    「iD」が利用可能な店舗は下記の記事でご紹介していますので、是非あわせて読んでみて下さいね。


    銀聯カードも追加可能

    銀聯カードは、年会費・発行手数料無料で持つことができますよ。銀聯カードには、中国のホテルの優待宿泊プランが利用できるなどの特典もありますし、中国滞在には必携のカードです。

    中国に出張や旅行に行く予定がある方は、ぜひ銀聯カードへのお申込みをおすすめします。

    銀聯カードの画像

    公式サイトはコチラ

    トラベルやレジャーがお得になるサービスが満載

    旅行やレジャーに使える特典は、まだまだありますよ。三井住友カードを持っている方なら、以下のサービスが利用できます。

    • エアライン&ホテルデスク:国際線航空券(要手数料)と海外ホテルの予約代行
    • Relux:初回 5%OFF、2回目以降 3%OFF
    • エクスペディア:ホテル予約8%OFF、ホテル予約+航空券2,500円OFF
    • Hotels.com:9%OFF(~2020年3月末、4月からは8%OFF)、4%OFF+Hotels.com Rewards(10泊につき1泊ボーナス)
    • ハーツレンタカー:事前予約料金から10%OFF、運転免許証翻訳フォームサービス
    • バジェットレンタカー:最大15%OFF
    • 空港手荷物預かりサービス:15%OFF
    • 空港宅配サービス:15%OFF
    • レンタルモバイルサービス:レンタル料50%OFF、通話料15%OFF
    • スーツケースレンタルサービス:15%OFF
    • 国内ゴルフエントリーサービス:「太平洋クラブ」の平日プレー予約
    三井住友カード

    公式サイトはコチラ

    三井住友カードは海外旅行保険が付帯

    三井住友カードには、海外旅行傷害保険が付帯しています。その内容を見てみましょう。

    補償内容 補償金額
    傷害死亡、後遺障害 最高2,000万円
    傷害治療費用 50万円
    疾病治療費用 50万円
    賠償責任 2,000万円
    携行品損害 15万円
    救援者費用 100万円

    補償内容は治療費用なども網羅されていますが、利用付帯なので旅行費用をカード決済していない限り、どの補償も適用されません。補償金額としても、必ずしも十分とは言えないレベルです。

    三井住友カードの基本情報をまとめてご紹介

    最後に、三井住友カードの基本情報をまとめました。

    内容/
    カード名称
    三井住友カード)
    年会費 インターネット入会で初年度無料
    2年目以降1,375円(税込)
    申込資格 満18歳以上(高校生は除く)
    家族
    カード
    1人目は初年度無料
    2年目以降・2人目以降440円(税込)
    ETC
    カード
    初年度無料、
    2年目以降550円(税込)
    年1回の利用で無料
    旅行傷
    害保険
    【海外】
    最高2,000万円 利用付帯
    【国内】-
    その他
    付帯保険
    ショッピング補償 100万円※5
    電子
    マネー
    iD、PiTaPa、WAON
    ポイント ・基本還元率0.5%
    ・コンビニ3社&マクドナルドで常時5倍
    ・選んだ3つのお店で常時2倍
    ・ポイントUPモール利用で最大20倍
    ・ココイコ!でポイントアップまたは
    キャッシュバック
    その他
    特典
    ・最短翌営業日に発行可能
    ・GlobePassによるアジア諸国での優待
    ・エアライン&ホテルデスク
    ・国内ゴルフエントリーサービス
    ・VJトラベルデスク:最大5%OFF
    ・Hotels.com、エクスペディア、Relux優待
    ・ハーツレンタカー:10%OFF、
    運転免許証翻訳フォームサービス
    ・バジェットレンタカー:最大15%OFF
    ・空港宅配サービス:15%OFF
    ・空港手荷物預かりサービス:15%OFF
    ・レンタルモバイルサービス:
    レンタル料50%OFF、通話料15%OFF
    ・スーツケースレンタル:15%OFF

    三井住友カードは低コストで持てる定番カードです

    三井住友カードは、ステイタスを重んじる方にも十分満足いただける定番クレジットカードです。しかも意外に低コストで、簡単な方法で2年目以降も年会費無料にできるので、節約を意識する方にもおすすめです。

    ショッピングもポイントUPモールやココイコ!の利用で、より多くのポイントが貯まります。

    弱点は旅行保険ですが、海外へよく行く方にはカードAという選択肢も。大人に相応しい定番カードとして、非常にバランスの良い三井住友カードを是非ご検討ください。

    合わせて読みたい関連記事