テーマパークをお得に楽しめるクレジットカード特集

今、遊びに行きたい所はどこですか?そんな風に聞かれた時、思い浮かべる場所の1つに「テーマパーク」があるのではないでしょうか?

老若男女に人気のテーマパークですが、「行きたいけれど予算的に厳しい・・・」と思う方もいるかもしれません。そんな方におすすめしたいのが、クレジットカードを上手に利用する方法です。

今回は東京ディズニーリゾートとUSJをはじめ、各地のテーマパークで活用できるクレジットカードの数々をご紹介します。これらのカードを使えば、お得にテーマパークを楽しめること間違いなしですよ。

全国のいろんなテーマパークをお得に楽しめるクレジットカード

まずは、全国各地のいろんなテーマパークでお得に使えるクレジットカードを3枚をご紹介しますね。年会費無料のクレジットカードの中から、テーマパークを優待価格で楽しめるおすすめのクレジットカードを厳選紹介していきます。

富士急ハイランドなど多数のテーマパークでお得!ライフカード

最初にご紹介するのは、ライフカードです。ライフカードには、日本全国のとてもたくさんのテーマパークやレジャー施設において割引などの優待が付いています。その一部をご紹介します。

  • 東北サファリパーク:10%OFF
  • 群馬サファリパーク:300円OFF
  • 富士急ハイランド:200円OFF
  • 那須テディベア・ミュージアム:10%OFF
  • 海の博物館:10%OFF
  • 伊豆テディベア・ミュージアム:100円OFF
  • おきなわワールド:10%OFF

この他にも、様々なテーマパークやレジャー施設で優待が受けられます。ホテルや旅館の優待もありますから、泊まりがけで行くのもいいですね。

ライフカードには多種多様なカードが用意されていますが、年会費無料のカードも多いのもうれしいポイントですよね。年会費無料のもっともベーシックなライフカードの概要について、下記にご紹介しておきます。

ライフカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目 内容
カード名称 ライフカード
年会費 無料
国際ブランド Visa・Master card・JCB
追加カード ・家族カード(無料)
・ETCカード(無料)
ポイント ・基本還元率:0.5%
・初年度はいつでも1.5倍(0.75%)
・お誕生月は3倍(還元率1.5%)
・年間50万円の利用で300ポイントプレゼント&次年度は1.5倍
・年間200万円の利用で次年度は2倍
・L-Mall経由のネットショッピングで最大25倍
その他特典 ・国内・海外のホテル・レジャー施設等で優待
・海外・国内ツアーが最大8%OFF
・海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」
・国内レンタカー割引

鈴鹿サーキット等多数施設で優待!セゾンカードインターナショナル

次にご紹介するセゾンカードインターナショナルも、日本全国の各種テーマパークで使える優待がついています。このカードで利用できるテーマパークの優待には、主に以下のようなものがあります。

  • 富士急ハイランド:200円OFF
  • 鴨川シーワールド:300円OFF
  • サンシャイン水族館:400円OFF
  • 東京ジョイポリス:300円OFF

家族や友人たちと楽しめるいろんなジャンルのテーマパーク等が、とってもお得に利用できます。割引率の高い人気レジャー施設もあるので、ぜひ活用したいですね。しかも、このセゾンカードインターナショナルも年会費無料です。

セゾンカードインターナショナルは即日発行に対応してますから、お急ぎの方にもおすすめのカードですよ。

セゾンカードインターナショナル

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目 内容
カード名称 セゾンカードインターナショナル
年会費 無料
国際ブランド Visa・Master card・JCB
追加カード ・家族カード(無料)
・ETCカード(無料)
ポイント ・基本還元率:0.5%
・セゾンポイントモール経由のネットショッピングで最大30倍
その他特典 ・国内・海外のホテル・レジャー施設等で優待
・国内・海外ツアーが最大8%OFF
・イープラスで会員限定チケット等の優待
・西友・リヴィン・サニーで毎月セゾン感謝デー5%OFF
・セブン-イレブンでの利用でnanacoポイントも同時に貯まる

ハウステンボスや東京サマーランドが割引価格!エポスカード

さらに、エポスカードにも、以下のような様々な遊園地やテーマパークの優待が付帯しています。

  • よみうりランド:200円OFF
  • さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト:100円OFF
  • 富士急ハイランド:500円OFF
  • ぐりんぱ:400円OFF

もちろん、エポスカードも年会費無料です。にもかかわらず、海外旅行傷害保険が自動で付いているという大きな特長もあります。持っているだけでコストをかけずにテーマパークや旅行がお得になるカードです。

エポスカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目 内容
カード名称 エポスカード
年会費 無料
国際ブランド Visa
追加カード ETCカード(無料)
ポイント ・基本還元率:0.5%
・エポトクプラザ経由のH.I.S.ウェブサイト利用で3倍
・エポトクプラザ経由の日本旅行ウェブサイト利用で5倍
・たまるマーケット経由のネットショッピングで最大30倍
その他特典 ・国内・海外のホテル・レジャー施設等で優待
・海外旅行傷害保険が自動付帯
・年4回マルイで10%OFF

東京ディズニーリゾートをお得に楽しめるカードを3枚ご紹介

前章では、日本各地にあるいろいろなテーマパークでの優待をご紹介してきましたが、テーマパークといえばやはり東京ディズニーリゾートが人気も知名度も最高峰です。

現在発行されているクレジットカードの中にも、そんな東京ディズニーリゾートをお得に楽しめるものがあります。ここでは、東京ディズニーリゾートで使える特典付きのクレジットカード3枚をご紹介します。

JCB ザ・クラスにはディズニーでの超豪華特典満載

1枚目にご紹介するのは、「JCBザ・クラス」というクレジットカードです。これは、数あるJCBカードの中でも最高峰のカードで、自分から申し込むことはできないインビテーション制のカードです。

ディズニーリゾート関連の特典だけでも、ざっと以下のようなものがあります。

  • 東京ディズニーリゾートへの旅 トラベル特典
    (旅費をカード決済するとポイント5倍)
  • ディズニーホテルのスイートルーム優待プラン
  • 抽選で会員専用レストラン「クラブ33」を利用できる
  • パーク内のJCBラウンジを利用できる
  • アトラクションに優先的に搭乗できる

JCBは東京ディズニーランドの「スター・ツアーズ」と、東京ディズニーシーの「ニモ&フレンズ・シーライダー」のスポンサーですので、そのアトラクションに隣接するJCBラウンジを利用でき、さらにアトラクションに優先搭乗できる特典も用意されています。

また、JCB ザ・クラス会員の方しか利用できないラウンジではフリードリンクが用意されており、ゆったりと休憩することもできます。

JCBザ・クラス

カードの詳細へ
項目 内容
カード名称 JCBザ・クラス
年会費 55,000円(税込)
国際ブランド JCB
付帯保険 ・国内・海外旅行傷害保険(最高1億円)
・国内・海外航空機遅延保険(最高4万円)
・ショッピングガード保険(最高500万円)
特典 ・各種ディズニーリゾートでの特典
・グルメ・ベネフィット
・ザ・クラス メンバーズ・セレクション
・ザ・クラス・コンシェルジュデスク
・空港ラウンジ
・プライオリティ・パス 等多数

このように、JCBザ・クラスには、他のカードにはないディズニーリゾート関連を始めとする様々な特典が満載なのです。

JCBザ・クラスは招待制!まずはゴールドかプラチナ会員になろう

このような豪華特典のあるJCBザ・クラスですが、先にも触れたように、自分から申し込んで会員になるということができません。JCBからインビテーションが来るのを待つ必要があるのです。

JCBザ・クラスのインビテーションを受けるには、JCBカードゴールドもしくは最短ルートとなるJCBプラチナに入会した後、適切かつ一定以上高額の利用実績が必要です。

JCBプラチナ

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ディズニーでの特典を入手したい方は、まずゴールドかプラチナ会員になりましょう。とはいえ、JCBカードゴールドでも、ザ・クラスと同じ東京ディズニーリゾートへの旅 トラベル特典が利用できます。

また、きれいなゴールド色のディズニーデザインを選択することも可能です。

JCBゴールドカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは年会費無料でディズニー特典付

ゴールドやザ・クラスの特典はすごいけど、できれば年会費を抑えたいという方には、年会費無料のJCB CARD W /JCB CARD W plus Lがおすすめです。

先にもお伝えしたように、JCBはディズニーランドのオフィシャルカードですから、年会費がかからないカードにさえも、他のクレジットカードにはないディズニー関連の特別な特典があるのです。

たとえば、チケット+オフィシャルホテル宿泊やオリジナルグッズ等が当たるJCBマジカルに参加できたり、貯まったポイントを東京ディズニーリゾートのパークチケットに交換したりすることもできるんです。

JCB CARD WやJCB CARD W plus Lはいつでもポイントが2倍以上という還元率の高いカードですから、パークチケットの入手も比較的簡単です。

JCB CARD W

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目/
カード名称
JCB CARD W JCB CARD W plus L
年会費 無料 無料
国際ブランド JCB JCB
ポイント ・基本還元率1%
・Oki Dokiランド経由の
ネットショッピングで最大20倍
・JCB ORIGINAL SERIESパートナー
での利用で最大10倍
・ポイントはパークチケットにも交換可能
同左
付帯保険 ・海外旅行傷害保険
(最高2,000万円)
・ショッピングガード保険
(最高100万円)
同左
特典 ・JCBマジカル ・JCBマジカル
・選べる保険 お守リンダ
・女性疾病保険
・LINDAリーグ

ディズニー★JCBカードはデザインもディズニー!オリジナル特典も

テーマパークとしてだけでなく、キャラクターとしてのディズニーも大好きという方には、券面がディズニーデザインになっている「ディズニー★JCBカード(一般)」もありますよ。

ディズニー★JCBカード

ミッキーだけでも何種類ものデザインがありますし、ミッキー以外にもミニー・ドナルド・スティッチ・ティンカーベルのカードもあり、お好きなものを選ぶことができます。

もちろん、ディズニー関連の特典も充実しています。具体的には、以下のような特典があります。

  • カード継続時に毎年Thanksギフト(非売品のディズニーグッズ)がもらえる
  • キャラクターグリーティング
  • ディズニーポイントが貯まる
  • ポイントはディズニーストア等での支払いやパークチケット等に交換可能
  • ディズニーキッズポイントカードが発行可能
  • ミッキーデザインのキーチェーン型QUICPay

他のJCBカードとは異なり、このカードでは利用額に応じてディズニーポイントが貯まります。そのポイントは、パーク内のショップや全国のディズニーストアで支払いに充当できたり、パークチケットやディズニーグッズに交換したりすることができます。
また、ミッキーマウスをイメージしたキーチェーン型のQUICPayを利用することもできます。
キーチェーン型のQUICPay
発行手数料700円(税別)がかかりますが、この形のQUICPayはディズニー★JCBカードだけの特典です。ディズニー好きの方にはたまりませんね。

項目 内容
カード名称 ディズニー★JCBカード(一般)
年会費 初年度無料
2年目以降2,200円(税込)
国際ブランド JCB
ディズニーポイント ・基本還元率0.5%
ショッピングガード保険
(海外のみ)
最高100万円
特典 ・Thanksギフト
・キャラクターグリーティング
・ディズニーキッズポイントカードが発行可能
(発行手数料1,100円(税込))
・ミッキーデザインのキーチェーン型QUICPay

QUICPayなどの電子マネーがパーク内で利用可能になりました

東京ディズニーリゾートでは、2018年11月5日より電子マネーが使えるようになりました。使える電子マネーは、以下の通りです。
東京ディズニーリゾート利用可能電子マネー

  • QUICPay/QUICPay+
  • iD
  • 交通系IC(Suica・Kitaca・PASMO・manaca・TOICA・ICOCA・はやかけん・nimoca・SUGOCA)

QUICPayにも対応しているので、先にご紹介したミッキーのキーチェーン型QUICPayも使えます。これらの電子マネーは、パーク内のショップやレストランで利用できますが、下記のお店では使えません。

  • バルーンベンダー
  • 光るグッズ等のベンダーワゴン
  • ドリンクワゴン、東京ディズニーランドのアイスクリームワゴン
    (ポップコーンワゴン、東京ディズニーシーのアイスクリームワゴンでは利用可能)

TDRではおみやげなどにたくさんお金を使いがちですから、電子マネーでポイントを貯めることもできるのはうれしいですよね。ただし、1回の支払いにつき2万円までという上限がありますので、ご注意ください。

JCBは東京ディズニーリゾートのアトラクションのスポンサーですから、ディズニーを存分に楽しみたいならば、やはりJCBのカードが必携です。

ハイグレードのカードから一般カードまでが取り揃えられていますので、ご自身に合ったものを選んでくださいね。

年間パス付のカードも!USJで得できるクレジットカードをご紹介

ここまでTDRでお得に使えるカードをご紹介してきましたが、ここからはTDRと双璧をなすテーマパークであるユニバーサル・スタジオ・ジャパンをお得に楽しめるクレジットカードを見ていきましょう。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン貸切特典がある!アメックス

アメリカンエキスプレスは「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」のオフィシャル・マーケティング・パートナーですから、USJをお得に満喫できる特典が満載です。

  • ポップコーン何度でもフリー+アメックスオリジナルドリンクプレゼント
  • スーパー・ニンテンドー・ワールド1日20名の優先購入枠
  • ユニバーサル・エクスプレス・パス ~プレミアム:1日10名分の優先購入枠
  • カード会員限定「貸切ナイト」

アメックスはエンターテイメントサービスがとても優れている上に、メジャーな店舗で定期的にキャッシュバックキャンペーンが開催されますから、お買い物もお得に楽しめるカードなのです。

また、過去に延滞履歴があって審査が不安な方にもおすすめの1枚で、外資系のアメックスは過去の履歴に拘らない審査ですから、日本のカード会社よりも審査に通りやすい特徴もあります。

入会しやすいにも関わらずステータスが高い点も魅力のカードで、アメックスの豊富な特典は人生をより豊かなものにしてくれること間違いなしと言えるでしょう。

アメックス・グリーンカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目 内容
年会費 13,200円(税込)
申込条件 20歳以上の個人で安定継続した収入があること
国際ブランド アメックス
メンバーシップ・リワード ・100円につき1ポイント
旅行傷害保険 最高1億円(海外)
最高5,000万円(国内)
ショッピングガード保険 最高500万円
特典 ・USJ優待
・リターン・プロテクション
・オンライン・プロテクション
・ショッピング・プロテクション
・空港ラウンジ無料サービス

ミールクーポン付き!ユニバーサル・スタジオ・ジャパン VISAカード

次にご紹介するのは、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンVISAカード」です。カード名にテーマパークの名前が入っている通り、USJをより楽しめる特典付きのカードです。

入会後1年以上経過すると、園内で使えるミールクーポンがもらえる特典が付いています。また、ユニバーサル・シティウォーク大阪でカード決済をすると、ポイントが3倍になる特典もあります。USJ近辺でのお買い物やお食事もお得になるというわけですね。

2018年3月でスタジオ・パスの価格優待がなくなってしまったのが残念ですが、条件付きで年会費を無料にもできますし、ミールクーポンだけでもじゅうぶんUSJを堪能できるはずです。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン VISAカード

項目 内容
カード名称 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン VISAカード
年会費 初年度無料
1,375円(税込)
※「マイ・ペイすリボ」登録で2年目以降も無料
国際ブランド Visa
ワールドプレゼント
(ポイント)
・基本還元率0.5%
・ユニバーサル・シティウォーク大阪で3倍
・ポイントアップモール経由のネットショッピングで最大20倍
旅行傷害保険
ショッピング補償 最高100万円
(海外および国内のリボ・3回以上の分割のみ対象)
特典 ・USJで使えるミールクーポンプレゼント
・電子マネーiD対応

クレジットカードを利用してテーマパークをお得に楽しもう

ここまで、特定のテーマパークではないものの全国の様々なテーマパークでの優待があるクレジットカードや、東京ディズニーリゾートおよびユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの優待があるカードをご紹介してきました。

どのカードの特典も魅力的でしたが、いくらテーマパークが好きでも、多数のクレジットカードを併用するのは得策ではありません。
クレジットカードは、「これ!」と決めたものを重点的に使うとポイントが貯まりやすくなり、それに伴い特典もフル活用できるようになるからです。

どのテーマパークが好みなのか、自宅から行きやすいのはどちらか?などあらゆる点を考慮してカードを選び、お得にテーマパークを楽しんでくださいね。

合わせて読みたい関連記事